合コンの若者への浸透

現代において、若者の主流の出会いのひとつに合コンがあります。 従来、男女の出会いはお見合いや職場恋愛が中心で、合コンという言葉が浸透し始めたのもここ数年のことでした。 男性は男性の知人を、女性は女性の知人をそれぞれ集め、食事会や飲み会を開くといったこの形式はまたたく間に、20代〜30代の若者に広まり、現在ではある雑誌の集計によると、職場、友人からの紹介に続き、3番目に多い出会いの場となっています。

開かれる合コンの形も多種多様に異なってきており、参加者はより自分に合った出会いの場を求めることができるようになってきています。 例えば、参加者を集める幹事が存在せず、参加者を全てセッティング業者が手配し、全く面識のない者が集まるといった新しい合コンも人気が出てきています。 以前は、お見合いや職場恋愛といった真面目な出会いに比べ、合コンは知らない者達がお酒の場で出会うということに悪いイメージが付いて回り、毛嫌いする人も一定数いたのは事実ですが、こういった形式の多様化に伴い、より身近に参加しやすくなったことも合コンが広まった理由の一つです。

しかし若者へ合コンが浸透する一方で、その他の世代の理解はまだあまり得られていません。 合コンでの出会いの中では結婚に繋がるものもあり、この問題は結婚する者にとって大きな問題となってきます。 当サイトでは、多様化した最新の合コンの形式や、合コンでの出会いにどういったメリット・デメリットが発生するのか、また実際に合コンを開くまでの流れを説明させていただきます。

●関連サイト
無料で合コンのセッティングサービスを行っているサイトです → 合コンのセッティングサイト

 

Copyright © 2014 現代生活お役立ち解説【合コン編】 All Rights Reserved.